充電ケースに収めて蓋を閉じるときなど、時折、IQbudsからキーキー音や異常な音が出ることがあります。これは「フィードバック」です。これはマイクの近くにスピーカーがありスピーカーからのノイズがマイクを通して「フィードバック」され音がブーストされてループを作っているときに起こることがあります。

IQbudsはフィードバックを防ぐように設計されていますが、通常の使用を行っている中で音響条件の変化により短いフィードバック音が発生することがあります。これは完全に正常です。イヤバッドが正しく装着されていなかったり適切に扱われていない場合フィードバックはより頻繁に発生します。

フィードバックは、ユーザーが適切なフィット感を持っていないことが原因で発生することがありますので、最適なフィット感を得るための詳細については、こちらの記事をご覧ください。

また、イヤホンのマイク部分を覆ったり、IQbudsの音量を大きく設定しすぎたりすると、ハウリングが発生することもあります。このフィードバックを避けるためには、IQbudsの側面を摘まむようにして持ち、タップタッチエリアを覆わないようにすることで回避できます。

あなたがIQbudsを持っている場合は、音量レベルを下げて、リアルワールドの音量および/または個人プロファイル内の音量レベルを下げてみてください。

特にIQbuds BOOSTをケースに入れて蓋を閉じるときなどにノイズが聞こえる場合、これはイヤホン側の接点と充電ケース側のピンがきちんと接触しておらず、イヤホンが充電ケースに入っていることを検出していないことを示唆しています。ケースに入いれて蓋を閉めたときに両方の赤いLEDが点灯していることを確認し、フィードバックが停止することを確認してください。